更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 031234567891011121314151617181920212223242526272829302014 05

【  2014年04月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

桜(写真)

日記

2014.04.13 (Sun)

 いやー、どうも、どうも。珍しく連続投稿ですよ!!!!しかも三連ちゃん。一日で。珍しい事もあるもんだ。全くの放置プレイ状態が嘘のようですwwww(笑)新作本日二本アップしましたよぉ~。一つは「小さな雪国の物語」ともうひとつは「桜の妖精」なんかね・・・。タイトルにね・・・。もっとこうひねりみたいなのは私には無いのかwwwwドストレート過ぎるwwwwかなりネタバレですよねwwwwええ、分かってますが、ネーミングセンス無い...全文を読む

桜の妖精(オリジナルショートストーリー)*ファンタジー

オリジナルショートストーリー

2014.04.13 (Sun)

 ピンクや白、沢山の色で溢れている。色とりどりの桜の並木道。ひらひらと舞う桜の花びらが落ちてくる、道はまるで桜のカーペッドのようだ。そこに、ひらひらと舞い降りる妖精達。輪っかになって、手を繋いで踊っている。妖精は純情な心の持ち主にしか見えないと言われる。どうやら他の人には見えていないようだ。私だけが特別なのだろうか。人々は思い思いに「綺麗だね」などと言いながら、手を繋いだり、はしゃいだりしながら前に...全文を読む

小さな雪国の物語(オリジナルショートストーリー)*ファンタジー

オリジナルショートストーリー

2014.04.13 (Sun)

 雪とは、大気の上層で水蒸気が結晶して落ちていくもの。ひらひらと舞い落ちる雪にはまだ綺麗、と言える。だが雪は、吹雪いたり積もったりした途端、害に変わる。  寒くて凍え死にしそうだ。温まりたい。だが、ストーブをマッチで付けても中々付かない。何度も繰り返し、やっとの事で火が付いた。はぁっと息を吹き手をこすりながら、手袋を脱ぎ手をかざして温める。結露した窓の外には一面銀世界が広がる。ここは、人間と雪が共存...全文を読む

ご無沙汰してます☆

日記

2014.04.12 (Sat)

 どーも、管理人の花月龍谷(かづきりゅうや)です。最近イラストばっかアップしてて本人何もしてなくてごめんなさい(土下座)スランプですwwwwいや・・・。書いてはいるんですよ、でもここに載せて良い物かどうか迷ってるんです。二次創作な物でwwww18禁な物でwwww現在、投稿用と同人イベント用二つ計三つの原稿を同時進行してるのでひーひー言ってます。(泣;;)だ~れ~か~、締め切りと言う地獄から助けてwwww間に合わないか...全文を読む

前月     2014年04月       翌月

Menu

最新記事

カウンター

よろず屋

主にオリジナル小説中心に二次創作もやっています。

FC2Blog Ranking

宜しくお願いします。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。